合格体験記

2017年度 2016年度

鳥取大学大阪大学大阪大学神戸大学・関西大学・関西学院大学広島大学静岡大学・立命館大学静岡大学・近畿大学神戸市外国語大学鳥取大学鳥取大学・龍谷大学・岡山理科大学鳥取大学鳥取大学鳥取大学・岡山理科大学鳥取大学・神戸学院大学鳥取大学鳥取大学・龍谷大学・京都産業大学鳥取環境大学島根大学山口大学鳥取短期大学

鳥取大学 医学部 医学科 「L.Vくん」

 私は予備校1年間通って百点以上上げることが出来ました。そのためには二つのことを毎日やっていました。一つ目は自習です。高校にいた時、皆さんは進路相談で担任に予備校に通っても点数は伸びないと言われたかもしれません。しかしそんなことはないです。毎日自習して自分なりに科目の理解をぜひ試してください。二つ目は先生の添削です。これには二つのメリットがあります。一つ目は先生が分かるまで説明してくれるということです。もう一つは気分転換にもなるのです。添削時に少し先生と会話して、時には笑い、時には励ましてもらうのもとても良いかもしれません。
 皆さんの検討を祈ります。

プロフィール

出身校/
鳥取東高卒



大阪大学 外国語学部 中国語科

「K.Yさん」

 私は高校生の時、理系クラスにいながらこの学部を目指していました。浪人してでも行きたかったので、一年あすなろ予備校でお世話になって最終的に合格できたので本当に良かったです。私が受験生活を通して大切だと思ったことは主に二つあります。一つは早めに志望大学を決める事です。早めに目標を定めておくことで、合格するために自分がやらなければいけないことが明確になると思います。もう一つは、自分の答案を先生に添削してもらうことです。先生方にアドバイスを頂くことで、合格答案を作るのに必要な事が何なのか分かるようになります。最後まで諦めないで頑張れたのは本当にあすなろ予備校のおかげです。ありがとうございました。

【後輩へのアドバイス】

 何よりも大切なことは、先生方の話をしっかりと聞くことだと思います。きちんと授業に出て、添削をしてもらい、合格答案を作る練習をできる限りたくさんすることが大事です。自分を信じてがんばって下さい。

プロフィール

出身校/
鳥取西高卒



大阪大学 工学部 地球総合工学科 「I.Mくん」

 今回は自分の経験から、受験において大切だと思える点を書いていこうと思います。
 まず、勉強法としては、1・2年の時は学校指定の参考書や塾を積極的に利用して、5教科の基礎を完璧にする。これが出来ていないと3年生でとても苦労します。そして3年の春から応用、もしくは過去問を集中的に始めるのが良いと思います。僕はたくさんの問題を解くのも大事だと思いますが、自分で問題を何度も繰り返しやって、苦手分野を無くしていくことが重要がと感じました。
 「家では集中できない」と感じたら、塾の自習室に行き、勉強することで継続して勉強することが出来ました。

後輩へのアドバイス

 時には辛くなることがあるかもしれません。そんな時は、共に努力している仲間や応援してくださる親や先生のこと、また憧れの大学生活を思って頑張って下さい。

プロフィール

出身校/
鳥取西高



神戸大学 理学部 物理学科
 関西大学 システム理工学部 物理・応用物理学科
 関西学院大学 理工学部 物理学科
「H.Mさん」
 神戸大学に合格した今、周りで支えてくださった方々や一緒に頑張ってくれた仲間への感謝の気持ちでいっぱいです。私は長時間集中することが苦手なので、自習ではできないところを徹底してつぶしました。ですが自力でするには限界がありました。理解できない問題がある時、先生に聞くと丁寧に教えてくださったし、モチベーションが下がったときや試験前の不安な時は友人たちが励ましてくれたり気持ちを分かち合ってくれました。私が神戸大学に合格できたのはそんな皆さんのおかげだと思っています。あすなろで優しい人たちに囲まれて勉強できて幸せです。そして志望を変えたにも関わらずたくさん応援していただき、ありがとうございました。

【後輩へのアドバイス】

 私が後輩にしてほしいことは2つで、1つは苦手から逃げないでほしいということ、そして全力で毎日を過ごしてほしいということです。後者は私ができなくて周りの人にも自分にも後悔を残してしまったので…。

プロフィール

出身校/
鳥取西高卒



広島大学 理学部 物理学科 「K.Sくん」
 広島大学理学部物理学科に合格しました。高2の春からあすなろ予備校に通い始め、特にこの1年間お世話になりました。放課後や休みの日に自習室を利用することができたし、先生に質問したり、添削を受けることもできてとてもよかったです。あすなろ予備校で受けた授業はすべてよかったのですが、その中でも田中先生の物理の授業がとても分かりやすく印象に残っています。夏期講座の短い時間で苦手だった分野が得意になるほどでした。お世話になった先生方、ありがとうございました。

【後輩へのアドバイス】

 受験当日や受験日が近くなると緊張やストレスで胃が痛くなることが多かったので、胃薬を常備していました。また、当日は参考書などは見ず、リラックスすることを心がけました。

プロフィール

出身校/
鳥取西高



静岡大学 教育学部 英語学科
立命館大学 文学部 国際文化学科
「K.Kくん」

 私からはセンター試験の勉強法を述べたいと思います。どの教科に関しても言えることは、基礎を定着させること、ひたすら演習をし見直しを徹底することだと思います。あすなろ予備校では後期から、センター演習に本格的に取り組みます。前期の間に基礎を仕上げ、後期の演習に焦らず取り組むことが得点UPにつながると思います。センター試験では似ている問題が出題されることが多いので、ひたすら量をこなし、解けなかった問題を解けるようになるまで見直しすることが大切だと思います。答えを確認するだけでなく、自力で解けるまでになるのが見直しであると思います。

【後輩へのアドバイス・受験で使ったアイテム】

 分からないところは先生に質問するのがベストです。個人的に、記述式の英語、国語は実際に先生に添削してもらうようにすることが記述力UPにつながると思います。

プロフィール

出身校/
鳥取東高卒



静岡大学 理学部 生物学科
 近畿大学 理工学部 生命科学科
「M.Sくん」
 僕は現役の時は看護科を志望していましたが、志望校に落ちてしまったので、これを機に志望学部を考え直し、生物が好きだったこともあり理学部を目指しました。そのため、理科は化学基礎を化学、日本史Bを現代社会、そして新しく数学Ⅲを1年かけて一から学びました。あすなろ予備校の強みは、先生方との距離が近く添削や質問がすぐにできることです。僕は、わからないことがあればすぐに先生方に聞いたので、一から始めた科目も順調に伸ばすことができました。受験勉強のポイントはわからないことをほったらかしにしないことです。どんどん質問して復習を重ねることで、確実に自分の武器にしましょう。

【受験で使ったアイテム】

 普段使う文房具を固定して、本番でも同じものを使うと気持ちが落ち着くかもしれません。

プロフィール

出身校/
八頭高卒


神戸市外国語大学 外国語学部 中国学科 「I.Sさん」

 私は3年生の夏にあすなろ予備校に入りました。スタートが遅れた…と思いましたが、先生方のおかげで合格にたどり着けました。あすなろではレベル別の授業が受けられるため、苦手な数学は基礎クラス、得意な英語は応用…と受講することができ、「ついていけない」「簡単すぎる」と感じることなく楽しんで勉強することができました。これが最もよかったことだと思っています。また、家で勉強できない私は、夏休みや放課後はほぼ毎日あすなろに行き、自習室で勉強しました。同じ受験生たちが勉強している姿を見ると、「私もやらなくては!」という気持ちになり、やる気が出ます。毎日あすなろに通ったんだという自信を持って本番に臨むことができました。

【受験で使ったアイテム】

 『センター試験への道』というワークがすごく良かった。色や絵のあるきれいな問題集ではなかったが、分野別に過去問がまとめてあり、また解説が同じページに載っていたため、覚えやすく、効率よく学習できた。

プロフィール

出身校/
鳥取西高



鳥取大学 地域学部 地域創造学科 「H.Mくん」
  部活を引退し、切り替えができた八月一日から予備校に入りました。大学に向けて勉強などしたことなく、最初の懇談では現役の国公立は無理だ、と丸橋先生に言われました。僕がその言葉に対し「無理なら俺が可能にしてやる」と格好つけたのが、長く辛い闘いの幕明けでした。そんなつらい時間を乗り越えられたのは、先生たちのおかげです。お世辞か本音だか未だにわからない数学の田中先生の「君、才能あるよ」という言葉。心臓のことで命が危なかったことを笑いに変える松田先生。原監督が好きなのかグータッチで元気をくれる松元先生。背が小さいことを自虐で使う陽気な有田先生。そして、一度聴いたら忘れられない話し方と笑い方の丸橋先生。他にもたくさんの先生方にお世話になりました。おかげで、不可能を可能にすることができました。しかし、これは消防士への道を一歩進むことができたというだけです。これからまだまだ成長するので応援よろしくお願いします。7か月間ありがとうございました。

プロフィール

出身校/
八頭高


鳥取大学 工学部 電気情報系科
龍谷大学 理工学科 電子情報学科
 岡山理科大学 工学部 電気電子システム学科
「S.Sくん」

 私は鳥取大学の工学部に合格しました。計算ミスに気づいていたので結果が出るまで不安でしたが、掲示された番号の中から自分の受験番号を見つけた時はほっとしました。授業では本科生には本科生に合った授業をしてくれたし、テストで自分に合ったレベルの授業を選べてしっかりと勉強することができました。二次が数学と物理だったので田中先生には特にお世話になりました。重要なポイントはしっかり強く言ってくれたので分かりやすかったです。一年間ありがとうございました。

【後輩へのアドバイス】

 偏った教科だけ勉強するのではなく、バランスよく勉強することをオススメします。苦手な教科に助けられることもあると思います。

プロフィール

出身校/
鳥取西高卒



鳥取大学 工学部 機械物理系学科  「N.Sくん」

 僕は3年間ソフトテニス部で部活をやってきました。その中で2年の冬がターニングポイントとなりました。それは、部活から勉強へのシフトという親からの提案でした。僕は部活を最後まで続けたいと思っていたけどその提案は理解できたため少しずつ部活に行かなくなり、勉強と部活両方とも中途半端になってしまいました。そのため大会でも結果も悪くなってしまいました。さらに悪いことに、それをひきずってしまい最初はあまり勉強に集中できませんでした。なので部活をやっている後輩たちには、最後まで部活をやりきり後悔のないようにしてから勉強に望んでほしいと思います。

プロフィール

出身校/
鳥取西高



鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科  「I.Kくん」

 僕は勉強があまり好きではなかったので、12年生の時は全く勉強をしなくて、3年になってからの受験勉強はかなり大変でした。3年生の時も勉強が面倒になった時もありました。しかし予備校の先生がその都度背中を押してくれて何とか頑張ることができました。たくさんの方たちの支えのおかげで鳥取大学に合格できましたが、その後も浪人してもっとレベルの高い大学に進学できるようにするか、とても悩みました。その時、河村先生が親身になって相談に乗ってくださり、鳥大に進学すると決意することができました。親身になり相談に乗ってくださった大久佐先生・有田先生、本当にありがとうございました。

【後輩へのアドバイス】

 自分は合格した大学に行くか前から志望した大学に行くために浪人するかですごく悩みました。同時にここまで悩むならもっと勉強しておけばよかったとも思いました。だから死ぬ気で勉強してください。

プロフィール

出身校/
八頭高



鳥取大学 工学部 社会システム土木系学科
  岡山理科大学 工学部 情報工学科
「Y.Aくん」
 僕が一年間浪人して感じたことは、どんな教科も基本がしっかり理解できていないと、思ったような結果は得られないということです。一年前の自分は、基本をあまり理解していなかったので、残念な結果に終わりました。しかし一年間予備校に通ったことで、以前よりもしっかりと理解できたように思います。センター試験では思うように得点ができませんでしたが、二次試験に向けてしっかりと勉強できたことが合格に次なかったと思います。受験生の皆さん、基本をしっかりと理解し、最後まであきらめずに勉強を頑張ってください。

【後輩へのアドバイス】

 基本をしっかりと理解して、センター試験に臨んでください。また、センター試験で良い結果が出せなくても、最後まで自分を信じて勉強に取り組んでください。頑張れ!受験生

プロフィール

出身校/
鳥取西高卒



鳥取大学 農学部 生命環境農学科
  神戸学院大学 栄養学部 生命栄養学専攻
「K.Yさん」

 私は現役の時入れる国公立などない点数でした。だから私は、入学してから土日も含め毎日あすなろに行き勉強しました。あすなろにいれば、勉強以外の誘惑もないし、わからない所があるときにすぐに先生に聞きに行けるのでよかったです。そして私が浪人して一番感じたことは基礎の大切さです。基礎をしっかり固めないままどんなに演習しても伸びないと思います。また、勉強ばかりではストレスが溜まるので、たまには友達とご飯を食べに行ったりして息抜きをしても良いと思います。一年間辛いことも多く大変だけど、その分充実した一年になるし、合格した時の喜びと感動は19年間の中で一番大きいです。

プロフィール

出身校/
鳥取東高卒



鳥取大学 農学部 生命環境農学科 「K.Hくん」

 正直、初めの時に自分の気持ちが一年間勉強に向かうことができるのか不安でした。四月から六月は、苦手な科目の先生に添削をお願いしていく中で順調に成績が伸びていきました。案外、浪人の生活は大したことないかもと思っていました。しかし、夏休みを過ぎて九月の中旬ごろから異変を感じました。模試が難しくなり、現役が力をつけて平均点が上がり、焦りと不安がこみ上げてきました。私はその中でも自分は今まで通りのことをしました。わからないところは先生に質問して、自分が納得するまで演習を重ねました。あとは自分がやってきたことを信じて本番に臨めば、それなりの結果がついてきます。努力は決して裏切りません。

【後輩へのアドバイス】

 何となく分かったでは試験に通用しないということです。私は先生に添削や質問をしていく中で、問題の本質やつながりを重視するようになりました。この力は自分一人では難しいので私は添削をオススメします。

プロフィール

出身校/
鳥取東高卒



鳥取大学 農学部 生命環境農学科
  龍谷大学 理工学部 数理情報学科
 京都産業大学 理学部 物理科学科
「H.Yくん」
 

 予備校に通って現役のときいかに効率の悪い勉強をしていたのかを思い知りました。基礎基本ができていないのに実戦問題のみをしていました。これでは応用が効かず、ダメダメです。予備校では春夏で勉強をする上での基礎として土台を作ってくれました。結果、センターの得点は150点近く上がりました。いろいろな人に応援していただき、プレッシャーもすごくかかりましたが、先生方や親の支えがあったからこそのいい結果を残すことができました。心から感謝しています。

【後輩へのアドバイス】

 一年間ずっと切羽詰まっているままだと心も体ももたないと思うので、たまの息抜きも必要だと思います。点数が伸び悩むこともあると思いますが、最後まであきらめないようにしてください。

プロフィール

出身校/
鳥取工業高卒



鳥取環境大学 環境学部 環境学科 「O.Kくん」
 僕は2年間、予備校の先生や家族、親友のおかげで受験勉強をすることができました。一浪目どこにも行けず、途方に暮れていた時、担任の先生が自分の受験体験を語ってくださり、強く励まされもう一浪することを決心できました。2浪目、添削をしてもらうようになり、苦手意識が強かった数学に前向きに取り組めるようになりました。家族、特に父にとても心配かけていたんだなと今になって実感しています。普段、進路については一切口を出さない人なのに、合格発表の日、僕より早く結果を調べて電話で合格を教えてくれました。自分で確認させてよ、と思ったけれどそれだけ気にかけてくれていたんだと思い、嬉しかったです。親友には、助けられてばかりでした。一緒に勉強したのは一年だけだったけれどその一年があったから2浪目も一人で乗り切れました。自分は今後どうなるのか絶望したこともあったけれど、2年間あすなろで浪人して、前に進むことができました。ありがとうございました。

プロフィール

出身校/
八頭高卒



島根大学 教育学部 学校教育Ⅰ類 「N.Rくん」
 私が実際にやってみて、効果的だと思った勉強法を述べたい。まず、英語において文法書を夏までに繰り返し、何周もこなすこと。それと同時並行で基本的な英単語を覚えていくこと。そうすれば夏ごろには英文の構造を体現的に理解することができる。数学は、基礎的な問題をこなすこと。簡単な問題を、本質を理解できるまで完璧にこなすことで、後に応用力も身につく。また、どの授業でもいえることだが、授業の復讐をまず第一に、たいせつにしてほしい。その日受けた授業の内容を、次の日には完璧にこなせるように理解力を深めていくことが、合格への近道であるこということは、この一年の経験からして間違いない。頑張れ!!

 【受験で使ったアイテム】

 英単語帳、付箋、過去問などに加え、英語の発音を実際に聞くことも効果的。なにより自分の勉強に役立つアイテムは、職員室にいる先生方。授業の復習や予習、添削などでフルに活用しよう。

プロフィール

出身校/
鳥取工業高卒



山口大学 教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育コース(家政教育) 「T.Sさん」

 私は3年間陸上をしており、2年生の冬頃まではテスト期間しか勉強をしていませんでした。2年生の冬期講座をきっかけに、あすなろ予備校を拠点として本格的に勉強を始めました。あすなろ予備校のサテライン教室は、机同士が仕切りで区切ってあり、周りを気にすることなく集中して学習することができました。センターに向けての学習で、一番頑張ったのは日本史です。わたしは暗記が大の苦手なので、とにかく流れがつかめるように教科書や参考書を何回も読み、ノートにまとめました。時代ごとを物語のような感覚で楽しく覚えることが、暗記が苦手な人におすすめの勉強法です。

 【後輩へのアドバイス】

 つまづいて、涙を流すこともあると思います。でも、諦めずに最後までやりきらないと結果は出ません。何度つらい思いをしてもその度に立ち上がってください。応援しています。

プロフィール

出身校/
八頭高



鳥取短期大学 生活学科 情報・経営専攻 「K.Aくん」
  私は高校で習う内容が入っていないことがあるため、予備校での授業についていけませんでした。あすなろ予備校では授業のほかに、先生と1対1の個別対応を行っており、大変お世話になりました。私のような、はじめの基礎からでも時間をたくさんとっていただき、丁寧に教えていただきました。少しずつではありましたが、理解していくことができました。授業では扱う量が多いため、授業が早く、一方的になることもあります。小さなことでものちのち繋がってくるので、あすなろの先生方と一緒にわからないことを一つ一つ乗り越えてみてはいかがでしょうか。

プロフィール

出身校/
鳥取クラーク高

2017年度2016度

夏期講座WEB申込み

あすなろ予備校facebookページへ
あすなろ予備校ってどんな学校?

大学受験のプロ集団、個別添削と個別授業、完全定員制、自分で作る学習スタイル、三者面談
合格実績
  • 合格実績
  • 合格体験記

保護者の皆様へ

  • あすなろ予備校について
  • 入学までの流れ
  • 授業体験について
  • よくある質問にお答えします
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 入学・受講のお申し込み
  • 学費について
  • 外部学校評価
電話番号:0857-22-6896
〒680-0834
鳥取県鳥取市永楽温泉町385番地

あすなろ予備校へのアクセスマップ
BLOG
  • センター突破!!これだけはやっとけ!!
LINK
  • 学校法人鶏鳴学園ホームページ
  • あすなろ塾ホームページ
  • 中高一貫校ができるまで 設立準備室blog
  • クラーク記念国際高等学校(鳥取キャンパス)
  • 適応指導教室『ステップ』
  • 鳥取県高校入試統一模試
  • あすなろ予備校CMギャラリー